開店祝い向けの花を贈る際の失敗しないポイント

開店祝いに向いている花の贈り方は、花の形としていくつか種類があります。例えば胡蝶蘭の鉢植えやスタンド台に入ったアレンジメント、フラワーアレンジメントにブーケ、ブリザードフラワーです。胡蝶蘭の鉢植えは縁起が良く人気があります。スタンド花は店頭に置くと目を引きやすく、客寄せにも効果があり凝ったものにもアレンジできます。花瓶がなくてもフラワーアレンジメントは飾れるため、手軽に贈りやすい花です。ブーケには花瓶が必要なので開店祝いには向いていないかもしれませんがリーズナブルです。ブリザードフラワーは半永久的に楽しめることが特徴です。贈り方として店舗に合ったふさわしいものを選ぶ必要があります。配送して贈る場合のマナーとして、生花は開店当日の朝に、鉢植えは開店日の前日までに贈るといいとされています。また贈り先に確認しておくことで、受け取りに迷惑がかからないです。

なぜ鉢植えには胡蝶蘭が選ばれるのか

鉢植えの花にも華やかなものがたくさんありますが、なぜ胡蝶蘭が選ばれているのでしょうか。第一の理由として、胡蝶蘭の花言葉に幸運が飛んで来るという意味があります。さらに鉢植え自体に根を付けるという意味があり、地元に根付いたお店になれるようにという縁起のいいものが二つ合わさっていることです。また、胡蝶蘭の花自体に花粉が落ちにくく、匂いがきつくないことも飲食店や雑貨店など幅広いお店に好まれます。また贈った後にお手入れに手間がかからないことも理由の一つです。水やりの回数が少なくてすみ、室温調節を少し整えるだけで一ヶ月から三ヶ月ほど咲き続けることができます。開店間際で忙しい先方に手をかけさせず、キレイな花を飾ってもらえるのがいいですね。胡蝶蘭は多くのジャンルで贈られることから、一年中生産されているので開店祝いがいつであろうと季節に関係なく贈ることができます。

かける費用はどのくらいがマナーなのか

開店祝いで贈る花の相場はどのくらいかけるべきか気になります。贈られる相手との関係性によって費用が異なることを紹介します。一番多いと思われる取引先や親戚や身内であるなら、二万から五万ほど、友人や知人なら一万円程度が相場と言われています。花の方によっては金額によっては貧層に見えてしまうこともあります。インターネットでの購入の際はサイズなどしっかり確認しましょう。また立て札というものを花につけて贈ることを忘れないようにしましょう。立て札には開店祝いであること、贈り主を明確にする意図があります。店先に花が飾られているのを見たことがある方には、検討がついているかと思います。立て札には木札の他に紙札もありますが、木札の方が見た目的にも目立ちやすいので検討してみてください。