開店祝いに贈る花の相場を紹介します

新規オープンしたお店の入口付近に、開店祝いの花がずらりと並べられているのは誰でも見たことがあると思います。一番悩む事が金額かと思います。大体取引先に送る機会が多いですが10,000円~50,000円、家族や親戚の場合は10,000円から大体30,000円、友人や知人の場合は5,000円~10,000円と幅が広くなっています。一番人気が高い胡蝶蘭には3本立てと5本立てがあり、3本立ては約30,000円、5本立ては約50,000円が相場です。スタンドには1段タイプと2段タイプがあり、金額の指定をすればアレンジしてもらえます。アレンジメントは、金額の指定と器をお店の雰囲気に合わせた物にしてみたりと自由が利くので人気です。また、観葉植物も最近人気が出てきていて、オープン時期が終わっても飾っておくことができるのでおすすめです。

開店祝いに花を贈る理由や効果について

開店祝いにお花を贈る事が当たり前になっていますが、お花を贈る理由や効果を知っている方は少ないのではないでしょうか。入口付近にスタンドを置くことにより、通りすがった人が認知できるし、興味を持ってもらい来店するきっかけになります。花束の中に風船などを一緒に飾ったりアレンジを効かせると更に華やかな気持ちにさせてくれます。定番である胡蝶蘭には、幸福が飛んでくるという花言葉があり、更に鉢植えでは、土に根を張る、根付くという意味があることから縁起が良いとされています。ここで注意したいことが、赤色のものを贈らないということです。赤色は火や赤字を連想させるので、縁起が悪いとされています。これらのことを知ることにより、これからお花を贈る際はより一層気持ちがこもったギフトを贈ることができるでしょう。

開店祝いお花のメリットとマナーについて

胡蝶蘭は、季節に関係なく通年購入できますし、難しい手入れはなく2カ月ほど持つという点がメリットになります。タイプ別で説明すると、スタンドのメリットは、一目で開店したことが周知されます。アレンジメントのメリットは、花瓶が不要なのでお手入れが簡単です。観葉植物のメリットは、オープンの時期が過ぎても永く楽しむことができますが、お手入れが大変な種類があるのでショップのスタッフにお手入れ方法を確認して相手に伝えるようにしましょう。また、贈るお店に適したお花やタイプがあり、飲食店の開店祝いのお花はどのようなお花を選んだら良いかというと、料理の香りに支障が出ないように、香りが少なくてきつくないお花を選ぶようにしましょう。エステサロンや美容院では、インテリアとしてもずっとお店に置いておくことができる観葉植物がおすすめです。