開店祝いに贈る花の最適な送付方法を紹介

開店祝いの花を贈るとき、選び方としてまず考えるのは、贈る相手が誰なのかです。友人なのか知人なのか、仕事関係の人やお世話になった方なのかによっても内容は変わってきます。マナーとしてそれぞれの相場にあったものを贈るのがよいとされています。相手を問わず共通するお祝いの花のポイントは華やかであることです。パッと目をひいて、その華やかさで魅了しお店へと引き込むことも目的とされています。新しく始まる門出にふさわしくもあるので見栄えのよい花の方が好まれます。贈り花の花の種類以外に知っておきたいのは、お祝いの花のサイズです。開店する店舗スペースやお店の雰囲気などに配慮したものを選びます。そのお店に違和感を与えてしまわないように事前に調べておくことをおすすめします。その他で注意したいのは、お祝いとしてお花を贈ることは控えた方がよいお店もあるので、開店するお店の情報を必ず確認してから選ぶようにしましょう。

初めは花屋さんに直接足を運んでみる

実際には開店祝いとしてどのような花が贈られているのかを見ていくと、やはり一番ポピュラーなのは幸せが飛んでくるという花言葉を持つ胡蝶蘭です。根付くという意味を含むことから鉢植えを選ぶとよいとされています。お店を鮮やかに飾るスタンド花や門出という花言葉を持つスイートピーも人気があります。その他にもフラワーアレンジメントや観葉植物など、開店祝いに適した花は沢山あります。今は花も通販で注文出来るので、専門のお店のサイトから選ぶのも手間がかからず忙しい方には便利な方法です。もしお祝いの花を贈るのが初めての場合は、一度近所にある花屋さんなどに直接足を運んでみるのも勉強になります。花の色味やサイズ感などを実際に見て、お祝いの花がどのようなものかを確かめるいい機会になります。お店にいるプロの方に、詳細を伝えたり対話をしながらお祝いの花を決めていくことが出来るので最適な贈りものになると思います。

届けるタイミングは内容で変わる

開店祝いに贈る花には立て札を添えます。立て札は、贈り花がお店に並んだ時に、誰から届いたのかひと目見てわかるための名札のようなものです。立て札には記入する際のルールがあり、開店祝いの場合の基本的な記入方法は、まず贈り先の宛名を黒字で記入します。次に祝御開店や開店祝等のお祝い文言を朱字で立て札の真ん中に記入します。最後に贈り主の宛名を黒字で記入します。基本的には縦書きでも横書きでも対応できるお店が多いです。花を届ける日時については、よく当日は忙しいので前日に届けるのが良いと言われていますが、贈り花の内容によっては当日に届けるのが好ましいものもあります。その場合は、当日の対応可能な時間帯や対応できる人がいるかなどの詳細を事前に打ち合わせしておくことが必要となります。当日問題なく祝い花を届けてもらうために出来るだけ細やかに連携をとることをおすすめします。