花によって伝えられる開店祝いのお祝いの気持ち

友人やお世話になった相手などがお店を始めるとき、開店祝いとして、お花を贈ることが多いと思います。おめでとうの気持ちを込めて贈るのは当然のことですが、贈る相手やその相手との関係、どんなお店を始めたのかなど、色々な要素を踏まえて贈るものも変わってきます。当然贈る相手によって、伝えたい気持ちも微妙に違いがあるでしょう。ただ贈る側の気持ちだけ考えれば良いというものでもありません。贈る際のマナーや贈ったことによる効果も考慮してあげることが、相手に本当に喜んでもらえる贈り物になります。例えば赤い花は華やかでお祝い事には向いているように思えますが、商売を始める際には火や赤字を連想させるということでタブーとされています。折角お祝いの気持ちを伝えたいのに、逆の効果を生んでしまわないよう、最低限のマナーは知っておきたいところです。

どんな花があり、どんな花を選べば良いのか

一言で開店祝いの花といっても、様々なものがあります。開店祝いに向いている代表的な花といえば胡蝶蘭ではないでしょうか。胡蝶蘭は幸せが飛んでくるという花言葉を持ち、非常に演技の良い花です。鉢植え胡蝶蘭はさらに根付くという意味もあり、まさに開店祝いにぴったりの花といえます。スタンド花も人気があります。見た目が華やかなスタンド花は、店頭に置くと人目を惹き、お店に入ってきやすくなります。バルーンが入ったものや、スタンド台に凝ったものがあったりと種類が豊富なのも魅力です。他にも花瓶がなくてもすぐに飾ることができるアレンジメントや、半永久的に思い出の品として飾れるブリザードフラワー、開店後も長く育てることができ、お店の雰囲気も明るくしてくれる観葉植物などがあります。相手や予算に合わせて検討すると良いでしょう。

大事な花をお願いするお店選びのコツ

開店祝いで贈る花のイメージが決まったら、いよいよお店を選びます。というのも、お店によって得意としている花に違いがあるため、まずどのような花を贈りたいのかイメージをはっきりさせる必要があります。次に予算内でイメージしたタイプの花を用意できるか確認します。配送のタイミングも必ず確認しておかなければならない項目です。ブリザードフラワーやアレンジメントなど、直接相手に渡すことができるものは問題ありませんが、多くの場合は配送になるはずです。胡蝶蘭は寒さが厳しい場所では配達できないなど、選んだ花によっても条件が変わってきますので、届けたい日までに配送できるかは忘れずに確認しておきましょう。最後にお店の評判も確認しておきましょう。実際に利用した際の口コミなど、自分の気にしていることを書き込みしている人がいればより安心できます。