開店祝いに贈りたいおすすめの花の種類を紹介

新しいお店が開店すると、関係者ならびに関連企業からお店に対して、開店のお祝いとして花を贈呈することはよく見受けられます。贈られた物が沢山新しいお店に並んでいるのを見ると、訪れるお客様やお店を開いた方々も華やかな気分になり、おめでたい気分も増していきます。贈られると、そのまま店舗のインテリアとしての役目をするので、お店の方にも大変喜ばれます。開店を祝う気持ちだったり、謝礼の意味合いを込めたりして、お花を贈る風習というのは、贈り手の気持ちを表現するのには手軽で便利な方法なので、古くから多くのシチュエーションでも利用されています。このように開店祝いで贈答をする時には、お店に喜んでもらえる物を選んで贈ることが重要ですので、そのためにも間違わないように、相手にふさわしい物を知ることが大切です。

開店祝いの花には手入れしやすい物が喜ばれる

開店祝いに向いている花として人気がある物はいくつかの種類があります。比較的華やかで見栄えがあって、さらにお店側がお手入れしやすく、水やりなどの世話が簡単な種類であるほうが好まれるとされています。新しく開店してしばらくは、大変忙しい時期ですので、手間がかかりすぎてしまう種類だったり、あまりケアが繊細すぎるお花を贈ると、貰ったお店にも負担をかけてしまうことになり、返って迷惑になります。世話が行き届かずに、せっかく綺麗だった状態が枯れて日持ちがしなくなってしまわないような種類や葉っぱ落ちやすくて汚しやすい種類などもお掃除が大変なので、開店祝いとして贈るのは遠慮するべきです。見た目が豪華で日持ちもするタイプとしての胡蝶蘭や観葉植物は人気があり、またスタンドタイプやアレンジメント、枯れることがないブリザーブドフラワーなども選ばれやすい贈答品です。

開店祝いに詳しいお花屋さんに尋ねるのも良い方法

開店祝いに相応しいお花にあまり詳しくない時や、初めて贈ってみたいと思う方などは、できれば祝い事に慣れているお花屋さんなどで、開店祝い用としての最適な物を一緒に選ぶなどして、アドバイスをしてもらうのも良い方法です。定番の物以外にも、季節によってお勧めの物、持ちが良い物、流行の物などというような専門だからこその知識が豊富でしょうから、きっと良い選択ができます。ただ、希少価値があったりボリュームが大きくなると、すぐに予算をオーバーしてしまうこともありますので、最初に無理のない範囲での予算を提示してからアドバイスをもらう方が、効率よく選べます。また花言葉などもありますので、店員さんに詳しい説明を受けながら、新しいお店に相応しい言葉を考えながら、メッセージに添えて贈るのも素敵な演出になります。